カテゴリー: 沼田T邸 エアコンのいらない家 2020.11.25

沼田T邸新築計画 ①解体前の古民家

現在、エアコンのいらない家として新築している「沼田T邸」をご紹介いたします。

 

沼田というのは群馬県沼田市のこと。

上越線の線路脇の広い敷地に約200年前の古民家が残されていました。

江戸時代後期の古民家です

詳しいことは分かりませんが、この地域の有力な農家のお宅ではなかったかと

思われます。

お施主さんはこの家の当主・・・ではなく、この土地を古民家ごと買われた方です。

 

建物の概要はこんな感じ ↓

土壁が見えたりアルミサッシが見えたり、少しずつ手を入れながら住まわれてきたのが分かります

元の持ち主は家の中のものを相当部分残して売りに出されました。江戸時代からのものがかなり残されています

囲炉裏の上にシーリングライト

なかなか手の込んだ建具と欄間です

計画当初はこの古民家をリノベーションしてはどうかという案もありました。

しかし、お施主さんの意向で建物はすべて解体し、イチから「エアコンのいらない家」に

建て替えることに決まりました。

 

ただし、

敷地内にある蔵はそのまま残します。

敷地内にある蔵。下屋付きの蔵という面白いかたちです

この蔵はお施主さんがセルフビルドで「お店」に改装することに。

お店というかプライベートな呑み屋さんといったイメージです。

敷地内にある井戸。これも活用します

現在は建物の解体も終わり、すでに新しい家の建設に入っています。

 

ここにどのような「エアコンのいらない家」が建ち上がるか、

今後、現場の様子を断続的にご紹介していく予定です。

 

お楽しみに。

[関連する記事]

カテゴリー: エアコンのいらない家 メディア掲載 2020.11.14

「コノイエ」でインタビューを受けました New

あんしん解体業者認定協会が運営するサイト「コノイエ」で 代表の山田が取材を受けました。 「エアコンのいらない家」の仕組みや意義について語っています。 マンガの吹き出しのようなデザインで、インタビュアーさんとやり取りしています。 ぜひ、ご… 続きを読む »

カテゴリー: 滑川H邸 破風 2020.10.1

滑川H邸徹底解剖 ⑧金物と小庇

ぐるっとまわって、東側の妻面です。   2階の梁間(建物の幅)が2間半(4,550㎜)なので、小ぶりなかわいさが際立っています。 妻面に正対して見ると、破風板の形がよく分かりますね。 写真左側(南側)の軒の出は約4.5尺(1,… 続きを読む »